世界鷹小山家グループ

株式会社 共同精米(埼玉県さいたま市西区)

酒造りに不可欠な米の精米を、独自の技術で

世界鷹小山家グループで醸造する原料米をお酒の種類に合わせて精米しています。
新米が収穫される秋口から工場の操業はピークになります。グループ各蔵から次々と送られてくる原料米を、産地別・品種別に厳しく選別した後、使用目的にあった歩合まで米を磨き、含有水分を一定に整え、最適な状態で各蔵へ送ります。
工場内には精米機・選別機・計量器など全ての面で業界屈指の設備を導入しています。

共同精米の特徴

扁平精米へのこだわり

  • 精米は酒造りにおいて重要な役割を占めます。
    米の外側にはたんぱく質など酒造りには雑味となる成分が含まれているため、米を磨く必要があるからです。

    共同精米では全自動精米機が14台稼働、年間で約10万俵(600万kg)もの量を精米しています。

    また、米の形に沿って磨く扁平精米を行うことで、通常の精米よりも米の表面付近に多く存在するたんぱく質などを、非常に効率よく除去することが可能となり、10%の高精白効果が得られると言われています。その結果、より良い蒸米や麹が出来上がります。

  • 住所 埼玉県さいたま市西区大字指扇1800番地
    TEL 048-624-7211
    FAX 048-623-1315